低用量ピルを使ったことのない人に多い疑問は太ること?

低用量ピルを使ったことない人に多い疑問としてあるのが「太る」かどうかだと思います。

実際に太ると思って使いたいけど使っていない人もなかにはいるでしょう。1回や2回程度の複数回の使用だと大丈夫なのですが、慢性的に使用したら痩せにくくなり太りやすくなると言われていますが、何故そう言われるのでしょうか。

食欲増進の効果

そもそもピルは避妊や生理周期の正常化や生理痛の緩和のために使われます。

薬の成分を利用して人為的に妊娠している状態にさせることによってさまざまな効果があらわれるのですが、同時にさまざまな反応も起こります。その反応のなかに食欲増進というものがあるのです。低用量ピルを常用していると太るというのは食欲増進の効果があるからです。

逆に食欲がなくなるといった人もいて、反応の出方は個人差があります。

エストロゲンの影響

そもそも食欲が何故増えてしまうかと言いますと、女性ホルモンであるエストロゲンは食欲を増進させ、プロゲステロンは食欲を減退させます。

市販されているピルによってはエストロゲンが含まれているもの、デロゲステロンが含まれているものがあり、どちらを服用しているかによって変わってきます。また自分の身体に合う成分の方に効果があらわれるといったこともありますので、どちらかが強く出てしまって食欲が強くなったり、弱くなったりします。

一般的には低用量ピルを服用しましてエストロゲンを分泌させて妊娠状態にさせますので、こちらの効果があらわれて太りやすくなってしまいます。そして、気づかないうちに低用量ピルを服用し続けて、食べ過ぎてしまい太ってしまうのです。

ピルを続ける続けないにしても多く食べ過ぎてしまうことは肥満に繋がりますので、ピルを飲む時は食事に意識をした方が良いでしょう。

むくみやすくなりのも原因

もう1つの問題としてあるのが、単純に食べ過ぎてしまうのではなく身体の保水力が高まり、身体がむくむのです。

エストロゲンの効果によって体内のナトリウムを増やそうとしてしまう作用によるものであり、むくみやすい体質になります。一般的には生理期間が終われば溜め込んだ水分を体外に放出して体重が元に戻るのですが、ピルを常用しているとこれが続きます。

または肝機能障害や合成黄体ホルモン薬の影響によって脂質代謝の関係上体重が増加しやすくなります。

このように低用量ピルを常用していると常にエストロゲンが優位な状態になり、妊娠状態のなるので身体の反応として当然のことが起きているだけです。食事に気をつけるなどすれば対策は出来て落ち着いてくることが出来ますし、体質や使用頻度や量や使い方によっては出て欲しくない反応が出ない場合もあります。必ずしも太るというわけでもありませんし、飲み始めの少しの間だけ太る傾向にありながら落ち着いてくることが多いと言われています。