ピルを飲む前に知っておきたいことをまとめてみよう!

ピルは女性にとって役立つ薬であることはだいぶ知られてきた近年ですが、まだ不安なことや知らないことが多いように思われます。副作用で「うつ」になるや「血栓」が出来るなど…本当なのでしょうか。不安要素を解明していきましょう。

*

処方箋が必要なトリキュラーもネットで個人輸入すれば手軽に買える

      2016/09/29

妊娠を希望していない場合は性行為の際はしっかりと避妊を行っておきたいですが、避妊具を使ったり基礎体温に頼るだけではなく、ピルも利用しておくとより安心です。
避妊具も付け忘れたり破れてしまうこともありますが、そうした場合もピルを飲んでおけば高い確率で妊娠を防ぐことができます。

低用量ピルは市販では購入出来ない医薬品

低用量ピルの中でもトリキュラーは特に選ばれている薬で、21日間飲むタイプと休薬期間に偽薬を含む28日間飲むタイプが用意されていますので、それぞれの使いやすいタイプを選んでいきましょう。

避妊目的で使われていることはもちろん、ホルモンバランスを整えるのに役立ちますので生理痛の緩和や更年期の症状の緩和などにも利用されている薬です。

避妊をしっかり行うためには飲み忘れを防ぐことが大切ですので、飲む時間帯なども決めておくとよいでしょう。偽薬がついている28日間タイプの偽薬は特に飲み忘れても問題がありません。飲み忘れた場合も緊急避妊薬があると対応することができますので、落ち着いて行動したいところです。

トリキュラーはドラッグストアなどで購入が出来る薬ではありませんので、購入する際は婦人科など病院で処方してもらうことが一般的です。

時間のない人も個人輸入なら手軽

処方箋が必要なトリキュラーですが、仕事などの忙しさから病院に行く時間が取れないという人もいるのではないでしょうか。

トリキュラーは保険適用の薬ではないこともあり、病院費用もできるだけ抑えておきたいと考える人も少なくありません。より手軽に購入するのであれば個人輸入という方法も検討してみてはいかがでしょうか。個人輸入は知識がないと難しいというイメージもありますが、代行業者も多く存在しますので、そうした業者のサイトから通じて購入すれば、いつものネット通販の感覚で薬を注文することができます。

個人輸入は24時間いつでも注文可能

個人輸入の良いところは24時間いつでも好きな時間に購入することが出来ますので、欲しい時に注文し購入の際も特に医師の処方箋は必要なしで注文することが出来るのが、何より簡単に入手する方法です。そして病院で購入することを考えるとより低価格で薬を購入できるのも個人輸入のメリットです。

いつでも欲しい時に注文が出来るのは便利ですが、海外からの発送となりますの、余裕をもって注文しておくことがおすすめです。低用量ピルは飲まないと効果がなく薬を切らしてしまうことで望まない妊娠をしてしまったり、他に効果のある症状もなくなってしまいます。風邪薬などのように数回飲めば良いというのではなく、飲み続けないといけないのでどうしても薬価が高くなってしまいます。ですので出来るだけ費用は抑えておいた方がいいでしょう。

送料や手数料も気になるところですが、無料で対応してくれることも多くなっています。対応は業者ごとに違いがありますので、申し込む前にはよく確認しておきましょう。