低用量ピルを使ったことのない人に多い疑問は太ること?

低用量ピルを使ったことない人に多い疑問としてあるのが「太る」かどうかだと思います。

実際に太ると思って使いたいけど使っていない人もなかにはいるでしょう。1回や2回程度の複数回の使用だと大丈夫なのですが、慢性的に使用したら痩せにくくなり太りやすくなると言われていますが、何故そう言われるのでしょうか。

食欲増進の効果

そもそもピルは避妊や生理周期の正常化や生理痛の緩和のために使われます。

薬の成分を利用して人為的に妊娠している状態にさせることによってさまざまな効果があらわれるのですが、同時にさまざまな反応も起こります。その反応のなかに食欲増進というものがあるのです。低用量ピルを常用していると太るというのは食欲増進の効果があるからです。

逆に食欲がなくなるといった人もいて、反応の出方は個人差があります。

エストロゲンの影響

そもそも食欲が何故増えてしまうかと言いますと、女性ホルモンであるエストロゲンは食欲を増進させ、プロゲステロンは食欲を減退させます。

市販されているピルによってはエストロゲンが含まれているもの、デロゲステロンが含まれているものがあり、どちらを服用しているかによって変わってきます。また自分の身体に合う成分の方に効果があらわれるといったこともありますので、どちらかが強く出てしまって食欲が強くなったり、弱くなったりします。

一般的には低用量ピルを服用しましてエストロゲンを分泌させて妊娠状態にさせますので、こちらの効果があらわれて太りやすくなってしまいます。そして、気づかないうちに低用量ピルを服用し続けて、食べ過ぎてしまい太ってしまうのです。

ピルを続ける続けないにしても多く食べ過ぎてしまうことは肥満に繋がりますので、ピルを飲む時は食事に意識をした方が良いでしょう。

むくみやすくなりのも原因

もう1つの問題としてあるのが、単純に食べ過ぎてしまうのではなく身体の保水力が高まり、身体がむくむのです。

エストロゲンの効果によって体内のナトリウムを増やそうとしてしまう作用によるものであり、むくみやすい体質になります。一般的には生理期間が終われば溜め込んだ水分を体外に放出して体重が元に戻るのですが、ピルを常用しているとこれが続きます。

または肝機能障害や合成黄体ホルモン薬の影響によって脂質代謝の関係上体重が増加しやすくなります。

このように低用量ピルを常用していると常にエストロゲンが優位な状態になり、妊娠状態のなるので身体の反応として当然のことが起きているだけです。食事に気をつけるなどすれば対策は出来て落ち着いてくることが出来ますし、体質や使用頻度や量や使い方によっては出て欲しくない反応が出ない場合もあります。必ずしも太るというわけでもありませんし、飲み始めの少しの間だけ太る傾向にありながら落ち着いてくることが多いと言われています。

低用量ピルの服用で改善されたり予防になったりする女性特有の病気

低用量ピルとは女性ホルモンを利用した妊娠を避ける薬になります。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類が含まれており、服用することで脳下垂体に働きかけることによって卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えます。排卵を制御することによって子宮内膜の変化を促して受精卵を着床しにくくし、子宮頸管の粘液のを変化させて精子を子宮に入りにくくするという仕組みになっています。日本の妊娠を避ける方法の中で確率や安全性の高い方法です。

改善や予防になる病気

また、妊娠だけではなく服用することで女性特有の病気を改善・予防の効果もあります。

子宮関連

子宮の筋肉の細胞が異常に繁殖して出来る良性の腫瘍である子宮筋腫は、命に関わる病気ではありませんが人によっては月経血の量が増えるため貧血を起こしたり、悪化すると子宮自体を手術で取らなければならないケースもあります。

低用量ピルを飲むことで、月経血の量が少なくなるため、生理の時の痛みや貧血を軽減することにもつながります。

骨粗しょう症

骨粗しょう症にも効果が得られます。

女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまうと骨の内部がもろくなってしまい、骨折しやすくなります。これを骨粗しょう症と言いますが、エストロゲンには骨を作る細胞を増やして骨の材料になるカルシウムを骨に定着させるホルモンやビタミンDを合成を促進させる役割があるため、ホルモンを摂取することになる低用量ピルを飲むことで病気を予防することにもなります。

貧血

月経血の量が多くて悩んでいる女性も多いですが、月経血の量を減少させる効果もあるため結果的に鉄欠乏性貧血を改善が出来ます。
常に貧血と生理過多の場合には子宮筋腫や子宮内膜症の疑いもあるため注意が必要です。

脳動脈瘤

脳動脈瘤は脳の血管壁が弱ることで血管の膨張を引き起こす病気です。血管壁が破れてしまうと命に関わる脳出血を起こしてしまいます。
それを予防する効果もあるとされています。

卵巣がんのリスクを減らす効果

他にも、良性乳房疾患や子宮体がん、卵巣がんなどの発症リスクを低下させることも期待が出来ます。

また、ピルに含まれるホルモンがニキビの原因となる男性ホルモンの働きを抑えるため、ニキビを改善しるなどの美肌効果もあります。

女性の意思で望まない妊娠を防ぐことの出来る薬ですが、全く副作用がないというわけではないためそこはしっかり理解してから服用することが大切です。特に喫煙をしている人は要注意で、喫煙によって血液粘度が上がることで血栓症や高血圧になる可能性も考えられます。

処方箋が必要なトリキュラーもネットで個人輸入すれば手軽に買える

妊娠を希望していない場合は性行為の際はしっかりと避妊を行っておきたいですが、避妊具を使ったり基礎体温に頼るだけではなく、ピルも利用しておくとより安心です。
避妊具も付け忘れたり破れてしまうこともありますが、そうした場合もピルを飲んでおけば高い確率で妊娠を防ぐことができます。

低用量ピルは市販では購入出来ない医薬品

低用量ピルの中でもトリキュラーは特に選ばれている薬で、21日間飲むタイプと休薬期間に偽薬を含む28日間飲むタイプが用意されていますので、それぞれの使いやすいタイプを選んでいきましょう。

避妊目的で使われていることはもちろん、ホルモンバランスを整えるのに役立ちますので生理痛の緩和や更年期の症状の緩和などにも利用されている薬です。

避妊をしっかり行うためには飲み忘れを防ぐことが大切ですので、飲む時間帯なども決めておくとよいでしょう。偽薬がついている28日間タイプの偽薬は特に飲み忘れても問題がありません。飲み忘れた場合も緊急避妊薬があると対応することができますので、落ち着いて行動したいところです。

トリキュラーはドラッグストアなどで購入が出来る薬ではありませんので、購入する際は婦人科など病院で処方してもらうことが一般的です。

時間のない人も個人輸入なら手軽

処方箋が必要なトリキュラーですが、仕事などの忙しさから病院に行く時間が取れないという人もいるのではないでしょうか。

トリキュラーは保険適用の薬ではないこともあり、病院費用もできるだけ抑えておきたいと考える人も少なくありません。より手軽に購入するのであれば個人輸入という方法も検討してみてはいかがでしょうか。個人輸入は知識がないと難しいというイメージもありますが、代行業者も多く存在しますので、そうした業者のサイトから通じて購入すれば、いつものネット通販の感覚で薬を注文することができます。

個人輸入は24時間いつでも注文可能

個人輸入の良いところは24時間いつでも好きな時間に購入することが出来ますので、欲しい時に注文し購入の際も特に医師の処方箋は必要なしで注文することが出来るのが、何より簡単に入手する方法です。そして病院で購入することを考えるとより低価格で薬を購入できるのも個人輸入のメリットです。

いつでも欲しい時に注文が出来るのは便利ですが、海外からの発送となりますの、余裕をもって注文しておくことがおすすめです。低用量ピルは飲まないと効果がなく薬を切らしてしまうことで望まない妊娠をしてしまったり、他に効果のある症状もなくなってしまいます。風邪薬などのように数回飲めば良いというのではなく、飲み続けないといけないのでどうしても薬価が高くなってしまいます。ですので出来るだけ費用は抑えておいた方がいいでしょう。

送料や手数料も気になるところですが、無料で対応してくれることも多くなっています。対応は業者ごとに違いがありますので、申し込む前にはよく確認しておきましょう。

避妊をする前に生理・妊娠までの過程を知っておく

妊娠を望まない場合は、性行為の際にきちんと対応策を取る必要があります。
そのためにはまず、女性の体内で起こっている変化と妊娠成立までの過程を知っておくことが大切になってきます。女性だけでなく男性側もしっかり理解しておくことが重要です。

排卵までの過程

正常なホルモン状態の女性であれば、だいたいひと月に1回、約28日周期で生理がやってきます。
生理開始日を1日目とカウントし、排卵までの約14日間は低温期と呼ばれ体温は低くなります。この期間は、体が次の排卵に向けて準備を進めている時期になります。

卵巣内で卵胞が大きくなりはじめ、子宮内膜は少しずつ厚みを増していきます。そして、だいたい14日目前後の時期に卵巣から1個卵子が飛び出し、これを排卵といいます。卵子は卵管へ吸い込まれ、そこから子宮へ向かってゆっくりと移動をしていきます。

周期14日目以降は高温期と呼ばれ基礎体温が高くなります。子宮内膜は卵を迎える準備を整えさらに厚くなっていきます。

受精・妊娠までの過程

性行為を行うと体内に放出された精子は膣から子宮へと、卵管へ向かってさらに進んでいきます。そしてタイミングよく卵管内で卵子と出会うことができれば受精します。

受精卵となり、徐々に細胞分裂を繰り返し成長しながらさらに卵管を進んでいきます。だいたい受精から1週間前後、生理周期21日目頃には子宮に到達し子宮壁にくっつきます。これを着床とよび、この時点で妊娠が成立することになります。

成立しなかった場合、生理周期28日目頃にいらなくなった子宮内膜が子宮壁から剥がれ落ち、体外へと排出されます。

精子・卵子には受精までの寿命がある

卵子と精子が卵管の中で出会うにあたって重要となってくるのが、精子と卵子にはそれぞれ受精可能期間があるということです。

精子の寿命はだいたい3日から1週間、卵子の寿命は排卵後24時間と言われています。

つまり妊娠を望む場合は、生理周期12日目~15日目のだいたい3日間ぐらいに性行為を行うことで受精の可能性が高くなります。逆に望まない場合はこの期間を外して性行為を行えばよいということになるのですが、この方法は絶対とは言い切れません。女性の体はデリケートなものですので、ちょっとしたことで大きく周期が乱れることがあります。

いつも規則正しいからといって油断すると、その月に限って排卵が早まったり遅くなったりしてずらしたつもりのタイミングがぴったり合ってしまうことは大いにありうるのです。妊娠を望まない場合、基礎体温をしっかり測って毎月の周期を正確に把握すること、また他の方法も併用して性行為を行うようにしましょう。